ディスコ世代の老後!『プチ旅行アレコレ』

子育て時代に忘れていた旅行に夢中!旅行で気づいたアレコレを投稿します。

サンメッセ日南はカート必須なのか?

モアイ像のサンメッセ日南!

f:id:daigoro3388:20191113055637j:plain

ここは宮崎県の日南市で、本家イースター島(チリ領)のモアイ像を模した7つの像が並んでいる。本家公認のモアイ像があることで有名なサンメッセ日南です。うちの奥さんの希望で訪れました。

日南海岸と言えば、鵜戸神宮や青島、鬼の洗濯板、堀切峠、道の駅フェニックスなんかもセットの観光スポットですが、今回はサンメッセ日南についてのみです。

モアイ像について(トリップアドバイザー公式HP)⇒https://tg.tripadvisor.jp/news/advice/moai-in-japan/

サンメッセ日南公式HP⇒http://www.sun-messe.co.jp/

 

Q:施設内の散策にカートは絶対必要か?

A:必要ありません。カートはアトラクションアイテムですね。

旅行へ行く前には、色々とググるじゃないですか。そしたら、高低差があるからキツイとか辛いとか、使った方がいいよ!なんて。

沖縄の古宇利オーシャンタワーだと、カートに絶対乗らなきゃ施設に入れないのですが、ここはどうなのか?有料のカートを使わないと辛い現実があるのか?等々心配していました。

▼モアイ像を背にして頂上を見上げると!

f:id:daigoro3388:20191113081548j:plain

▼ほぼ頂上からモアイ像を見下ろすと!

f:id:daigoro3388:20191113081605j:plain

確かに全体が東向きの斜面で、且つかなりの高低差がありますね。アスファルト舗装のカート道をまともに歩いたら距離が随分長くなりますから、それはあり得ないでしょう。階段もあるし、何なら芝生の上を歩いて登ることもできます。頂上へ向かって芝生上を、ほぼ垂直に登ったときはまさにキツイ!かったとです。

しかし、還暦肥満夫婦の私たちにはカートは不要です。カートは、お若い人たちの「楽しむアイテム」ですよ。2台に分乗したお若いグループの2台目が、1台目にぶつかったりの”おふざけ”も見受けられました。きゃっきゃと賑やかで楽しそうでした。

このように、グループ旅行とか、時間が押しているとか、足腰が・・・、はたまたカートおたくの方のご利用なんでしょうね。

 

Q:何で上を目指すのか?
A:答えは簡単です。ほぼ頂上にレストランがあるからです。
・・・じゃないよね。景色がいいからでしょうよ!
地球感謝の・・・、超の楽園・・・、太陽の階段・・・、なんてありますが私には?。上に行く程に景色が良くなる感だけでした(謝)

f:id:daigoro3388:20191113090126j:plain

画像引用元:サンメッセ日南パンフレットから

▲7体のモアイ像には、それぞれのパワーを秘めているそうです。左から「仕事運」「健康運」「恋愛運」「全体運・願い叶う」「結婚運」「金運」「学力UP」の順です。

f:id:daigoro3388:20191113090714j:plain

眺望いいっすね!このときは午後3時過ぎです。西側からの日差しが斜面やモアイ像に当たっています。午前中だと、日差しが真逆(東から)になって写真映えに影響があったかもしれません。(画像は左が北、右が南方向)
 
サンメッセ園内マップ⇒http://www.sun-messe.co.jp/see
サンメッセ日南での料金など⇒http://www.sun-messe.co.jp/time
 
ちなみに、カート利用料金は30分千円です。④センタープラザで食事をした時に見つけたポップです。レストランのスタッフに尋ねたので間違いなく「食事をすれば無料延長」されるようです。基本の30分が90分になるのか、基本の30分に加えて90分=120になるのか覚えていません。現地でお尋ねください。

f:id:daigoro3388:20191113092109g:plain

 
おまとめ
どうでしたか、私たちは一番にモアイ像へ行き願掛けをしました。贅沢なことはしません。「健康運」「金運」のモアイ像に宜しくお願いしておきました。道なき芝生を垂直に登り、ヴォワイン像で写真、センタープラザで食事、頂上まで行って眺望堪能等々十分に楽しみました。有料カートは利用しないですみました。必要なかったね。ここの観光に要した時間は90分です。

f:id:daigoro3388:20191113094833g:plain

f:id:daigoro3388:20191113094619g:plain

参考になる内容がありましたら幸いです。ご訪問ありがとうございました。
 
このブログについて!

f:id:daigoro3388:20190613151504j:plain

こんにちは、当ブログ管理人のDAIGOROです。昭和30年代生まれのディスコ世代です。働き盛り&子育て時期に忘れていた「旅行」にお熱を入れはじめました。 旅行下手な夫婦のプチ旅行の記録として捉えて頂ければ有り難いです。また、65歳を目途に関東への移住を考えています。旅行と移住と青春時代の思い出を綴ってまいります。 足腰の動く今、老後になる前の今なんです。訪問してくださった皆さんの、お役立ちブログになれば幸いです。また、記事内のデータについては誤ったものが含まれていることがあります。特に料金や時間などについては公式HPなどで確認してくださいね。

管理人DAIGOROのプロフィールは⇒コチラから!

ブログ運営上のプライバシーポリシーは⇒コチラから!