ディスコ世代の老後!『移住と旅行と趣味と』

還暦世代が老後に向けて【移住・旅行・趣味・青春回顧】について語ります!

長崎旅行で気づいたことアレコレ!

f:id:daigoro3388:20190906061150j:plain

 ▲長崎平和公園内にある平和祈念像

はじめに今回は、昨年(2018)に行った長崎観光で、いくつかの「気づき」を記載した記事です。皆さんの旅行計画の参考になる部分がありましたら幸いです。

 

今回の旅行計画(概要)
旅行1日目~ハウステンボス(15時から入園)
旅行2日目~ハウステンボス満喫(夜長崎へ移動)
旅行3日目~<長崎1日目>
     1日中長崎観光満喫(稲佐山から夜景)
旅行4に目~<長崎2日目>
     長崎半日観光(お昼には帰路に就く)

 

宿泊先
ハウステンボス:日航ハウステンボス
長崎市内:ホテルJALシティ長崎(連泊)

 

長崎観光1日半で巡った観光スポット!
ザックリ10カ所余りの観光スポットを巡りました。電車にも乗りましたが、とにかく歩きましたね。足パンパンです。

長崎観初日は平和公園からスタートです。行きたい場所の一番北にある平和公園を皮切りに長崎観光の始まりです。以下、チョッとした気づきや感想を記しました。
 
①新地中華街(金曜日の夜の感想)

f:id:daigoro3388:20190906063523j:plain

中華街の一角にあるホテルに連泊したので、街中に出るにも帰るにも中華街を通ります。長崎初日は佐世保から移動してきてそのまま夜9時頃のチェックイン。翌日は、一日中長崎市内の観光で、〆は稲佐山での夜景観賞です。その後ホテルに戻りました。午後8時は過ぎていたと思う(記憶薄い)けど。お店の半分は、いやそれ以上閉店状態で、当然歩いている人もまばらです。金曜の夜だと言うのに期待していた情緒はなかったのです。旅行から帰って知人に尋ねてみたのですが、その方の経験ですと、お昼は観光客で相当な賑わいがあるそうです。お昼の様子は分かりませんが、店の前で肉まん売ってたりするのかなぁ?やっぱ行くならお昼なんでしょう!ちなみに、私たちは「神戸の中華街」と「横浜の中華街」に続いて「長崎の中華街」にやってきて、日本の三大中華街制覇できました。

〔長崎新地中華街〕公式HP⇒http://www.nagasaki-chinatown.com/

②平和公園

f:id:daigoro3388:20190906061150j:plain

私は広島県人です。広島の平和公園は何度も訪問していますが、ここ長崎の平和公園は初め来たような?広島県人として、大袈裟かも知れないけれど日本人として一度は訪れる場所なのかな?正面のあの像が脳裏にっちゃんとありますからね。平和公園電停で降りて徒歩でやってきましたが、エスカレーターがあるのはビックリでしたね。でもいきなりの階段じゃしょうがないね。

〔長崎平和公園〕長崎市公式観光サイト

あっとながさき⇒https://www.at-nagasaki.jp/spot/130/

③浦上天主堂

f:id:daigoro3388:20190906064908j:plain

平和公園のあとは、こちらの教会〔浦上天主堂〕へ向かうのが順路かな?平和公園から約400mという案内板がありました。

こちらの教会は無料で内部に入れました。係のおじさんが常駐されているようです。還暦すぎて、人生初の「カトリック教会」に入ることができました。見学中何気にジーンときたような!

〔浦上天主堂〕公式HP⇒http://www1.odn.ne.jp/uracathe/

④諏訪神社

f:id:daigoro3388:20190906070821g:plain

いやぁ、観てください!おデブ2人には実にキツイ階段です。ここ諏訪神社は婚活のパワースポットのようです。私たちは何も知らずに登って参拝させていただいたのです。拝殿の前で「陰陽石」について知りました。ですから参拝を終えて帰る途中で「陰陽石」を探しましたw!いいですか皆さん!1番目の鳥居から始まってますからね!

〔長崎諏訪神社〕ながさき旅ネットHP⇒https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/94/

⑤興福寺

こちらの興福寺前までは徒歩散策したのですが、境内へ入ってのお参りはさせて頂いておりません。

⑥眼鏡橋

f:id:daigoro3388:20190906072118j:plain

ちゃんと眼鏡(めがね)ですね。これって皇居でも観たような?このように2連アーチで水面に映った逆さまの橋と一緒になって「めがね」っちゅうことなんですね。その意味をココに来て初めて知りました。お天気に左右されるようですが、近所のおじさんが教えてくれました。めがね観るんなら午前中がいいよ!確かにこの時も午前中でした。他に「石垣にハート型の石?」が埋め込んであるとか!(簡単にみつかります)ネットでは「がっかり名所」だなんて言う方もいるようですが「私はガッカリしませんでしたよ!

⑦グラバー園

f:id:daigoro3388:20190906075747j:plain

長崎って高校の修学旅行以来で2回目の訪問でが、さすがにここグラバー園だけは、うっすらと記憶に残っていましたね。園内には、日本風に言えば、山田さん家(ち)、田中さん家、鈴木さん家っていう感じで***邸が多くありますがココでは割愛です。(リンガーさんち、オルトさんち、ウォーカーさんちの家とかね)

ここでは、グラバー園へ行く順路についてお伝えします。順当ならば、路面電車の「大浦天主堂電停」で降りて向かうのでしょうが。それだと全般的に登り坂になっちゃうと思います。足腰に自信のない方は「グラバースカイロード」を利用してはどうでしょう。

〔長崎スカイロード〕公式HP⇒http://www.city.nagasaki.lg.jp/nagazine/kotsu/

f:id:daigoro3388:20190906075811j:plain

路面電車の終点〔石橋電停〕で降りて少し歩きます。グラバースカイロード」という無料のエレベーターがあります。▲画像の中央の斜めになっている部分です。斜行エレベーターで結構上まで行けます。出たら少し歩いて今度は垂直エレベーターです。そしたらグラバー園の出入り口〔第2ゲート〕につながります。ここからだと殆どが下りでの散策になりますね。

斜めのエレベーターも面白いかもしれませんが、結果的に申せば、正面から向かう方が情緒(雰囲気)がいいと思います。

▼確か案内板だったと思うのですが使わせて頂きます。

f:id:daigoro3388:20190906081110g:plain

スカイロードを利用すると、図で分かるようにグラバー園内の「裏手(上)から回る」感じですね。スカイロードを利用してのルートからの景色は今ひとつですね!でも、登りで疲れないというメリットはあります。

やはりオススメは、大浦天主堂の電停で降りて、大浦天主堂⇒グラバー園というのが良いと思います。ただし、ズーッと登りです。また、グラバー園の中には▼「動く歩道」があって少しだけ楽できますよ。羽田空港にあるアレですが、ここはグラバー園内の上り坂にあります。

f:id:daigoro3388:20190906092916j:plain

⑧四海桜

f:id:daigoro3388:20190906094636g:plain

いいでしょっ!窓際の特等席?です。当然です、一番乗りですからね。

長崎と言えば「長崎ちゃんぽん」ですね。妻は「皿うどん」を食べました。夫婦ですからね「当然シェア」します。長崎ちゃんぽんを提供するお店は沢山あるでしょうが、私たちは「四海耬(しかいろう)」をチョイスしました。

ちゃんぽん発祥のお店でしょ!しゃーないじゃん!長崎に行ってちゃんぽん食べた+四海桜で食べたと言うこだわりです。

f:id:daigoro3388:20190906095425j:plain

営業は午前11時30分からなんですが、私たちが到着したのは10時40分位です。5階のお店へは当然エレベーターですが、矢印の先にあります。丁度居合わせた開店準備中のスタッフにお尋ねしたら丁寧に教えてくれました。

開店前は、1階のエレベーターの前で待つ。並んで待つのです。開店前には私たちの後ろに10人くらい並んでいました。そして、時間になったら四海桜のスタッフが降りてきて案内してくれます。私たちは一番手ですからね。私たちがお店に入ったあとのことは分かりません。

〔中華料理四海耬〕公式HP⇒http://shikairou.com/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E6%A1%88%E5%86%85/

⑨水辺の森公園

f:id:daigoro3388:20190906101351g:plain

特にこの公園に行きたいというのではなく、たまたま四海桜から出島ワーフへ行く途中にあるから、この公園を抜けるということです。芝生面は広いです。海のそばです。平坦地です。天気も良かったし、絶好の徒歩散策日よりでしたね。

〔長崎水辺の森〕公式HP⇒http://www.mizubenomori.jp/

⑩出島

f:id:daigoro3388:20190906101744j:plain

ここは有料施設です。(大人510円)折角だからと入場しましたが、私は歴史観に弱いので・・・。

〔長崎出島〕公式HP⇒https://nagasakidejima.jp/

⑪稲佐山展望台

f:id:daigoro3388:20190906103404j:plain

えっ!これがモナコ・香港・ながさき!の長崎ですか?

長崎の街並みや夜景を観るだけなら、ここに限らないで他にもありますね。夜景もそうです。稲佐山に限らず、他にも眺望ポイントはあるようです。ただ、ここ稲佐山は「新世界三大・・・」とか「日本三大・・・」とか何とかで、ある意味有名じゃん、だから行きました。それにロープウエイを利用するのも情緒があるかなってね。写真は撮り方にも左右されますね(設定が悪くて下手くそ画像です)。当時は、気候も恵まれていたので、肉眼での眺望にも期待しましたが「こんなもんか」が印象です。ネットで日没時間をチェック、日没後15~30分位が観賞ベストタイムのようです。路面電車の宝町電停で降りて徒歩で向かいましたが、ロープウエイ乗り場の駅まで、徒歩はキツイです

〔長崎ロープウエイ〕公式HP⇒https://www.nagasaki-ropeway.jp/guide/
⑫出島ワーフ

f:id:daigoro3388:20190906110308j:plain

海の見えるテラス席でパンケーキを食べる!とっても良いシチュエーションですね。老若男女、どなた様も認めるこのシチュエーションですね。海そばの***ワーフってハズレがないね。下関のカモンワーフもグーじゃったの。長崎に1日半の滞在中に2回も行きましたね。最初はカフェタイム!2回目はランチタイム!

〔出島ワーフ〕公式HP⇒http://dejimawharf.com/

⑬大浦天主堂

f:id:daigoro3388:20190906110712j:plain

ここは有料施設です。私たちは浦上天主堂に入れたことで満足しちゃって、ここは入りませんでした。教会を背景に2ショット!のみ。

〔大浦天主堂〕公式HP⇒https://nagasaki-oura-church.jp/

(番外)オランダ坂

f:id:daigoro3388:20190906111955g:plain

マップには、オランダ坂とかオランダ通りと表記されています。歴史観のない私たちには、坂がキツイだけで何にもありませんでした。今回の旅行前にも長崎出身の方から「オランダ坂って何にもないよ」と聞かされていましたが、その通りでしたね。あくまで歴史観のない自分だから何も感じないのでしょうね。また、坂ならグラバー坂の方がいい、お店もあるし景色もいい!とも聞いていましたが、その通りです。*グラバー坂ってグーグルマップに表記されています。

〔長崎市観光サイト〕公式HP⇒https://www.at-nagasaki.jp/spot/105/

(番外)路面電車の利用

f:id:daigoro3388:20190906112435g:plain

長崎の路面電車って便利ですね、大人1回乗車で120円。長崎市内の北は平和公園から南はグラバー園まで、この路面電車を利用すれば「すすすいー」ですね。

長崎駅前から大浦天主堂まで行く場合、新地中華街の電停で一旦降りて別系統の電車に乗り換えます。そして目的の電停で降りるのですが、この途中乗り換え(のりつぎ)は1回の乗車とみなされます。その為には、新地中華街電停で降りる際に「のりつぎ」と伝えて「のりつぎ券」を貰わなければなりません。*面倒なことでは無いようですが、どのような券なのかは分かりません。

1日乗車券は500円で、長崎駅の他、電車通り沿いのホテルで販売しています。結局私たちは5回位乗りましたから少しお得になりました。でも重要なのは、いちいち小銭支払いをしなくて良かっただけでなく、この乗車券そのものが思いでのアイテムになりますよね。そこが大きいな!

*1日乗車券販売所は▼ココでチェック!

〔長崎電気軌道〕公式HP⇒http://www.naga-den.com/publics/index/315/

  

おまとめご訪問ありがとうございます。これからも、皆さんの参考になれば、の思いで観光し記録し投稿してまいります。

 

おねがい

この記事は、2018年11月時点での旅行を基にしています。時間の経過と共に変更された内容があるかも知れませんので、その点はご容赦願います。内容によっては最新の情報をチェックされますようにお願いします。

このブログについて!

f:id:daigoro3388:20190613151504j:plain

こんにちは、当ブログ管理人のDAIGOROです。昭和30年代生まれのディスコ世代です。働き盛り&子育て時期に忘れていた「旅行」にお熱を入れはじめました。 旅行下手な夫婦のプチ旅行の記録として捉えて頂ければ有り難いです。また、65歳を目途に関東への移住を考えています。旅行と移住と青春時代の思い出を綴ってまいります。 足腰の動く今、老後になる前の今なんです。訪問してくださった皆さんの、お役立ちブログになれば幸いです。また、記事内のデータについては誤ったものが含まれていることがあります。特に料金や時間などについては公式HPなどで確認してくださいね。

管理人DAIGOROのプロフィールは⇒コチラから!

ブログ運営上のプライバシーポリシーは⇒コチラから!