ディスコ世代の老後!『移住と旅行と趣味と』

還暦世代が老後に向けて【移住・旅行・趣味・青春回顧】について語ります!

自動車の運転が上手いんですね?

f:id:daigoro3388:20190704155409g:plain

アラフォー時代の小生で、2つ目の自動車学校のコース内で撮影したものです!日付が1995年になっていますね。

自動車学校を2つ渡り歩いています!

こんにちは、ディスコ世代のdaigoroです。この画像は、自動車学校で教習指導員をやっていた頃のものです。髪の毛真っ黒でふさふさです。ライザップにお世話になるような体型でもありませんね。

私は2つの自動車学校での勤務経験があります。ですが同時に勤務できた訳ではないですよ。30年以上も前のことですけれど、非指定の教習所を公認の自動車学校にするという段階で最初の学校(会社)にご縁し、その自動車学校を退職後1ヶ月で別の学校(会社)に再就職しています。

 

非指定の教習所を公認(指定)にする!

 年代によっては、私と同じような経験をされている方もおられることでしょう。当時の同僚たちも現役で頑張っていますが退職年齢が近づいているようです。

この「公安委員会の指定を受ける」って、そりゃ大変でしたね。単に運転を教えるという技能指導員という仕事に加えて、本免技能一発合格95%以上という壁は高かった。現代では新しく自動車学校ができる(新設)ことはあり得ませんね。なんと言っても少子化で経営のうま味がないですもんね。この非指定の教習所を公安委員会の指定校にするってそう経験できないと思います。まっ、校長先生以下社員の努力の甲斐あって指定を頂き、晴れて「公認の自動車学校」にすることはできました。6年くらい勤めたと記憶しています。指導員の10人近くが一斉に退職したという、世間からしたら「どしたん何があったん」「なんで辞めたん」と興味をそそるような出来事ですが割愛します。

この職場を退職後1ヶ月で別の職場(学校)へ移ることができたのです。この辺りの事情については、全て人生の肥やしになっていると信じています。

 

2つ目の職場へアッとお引っ越し!

2つ目の自動車学校は、既に何年も前から公安委員会指定の自動車学校で、ホント居心地のいい職場でしたね。Q:「経営者違うよね、そんなにスンナリ就職できるの?」A:「はいできたのです、普通はあり得ません、コネです」

在職中は、知る人は知っている『路上運転の自主経路・・・』のカリキュラム改正があって、その準備で1ヶ月くらい深夜の帰宅になりました。その疲れが出たと思うのですが職場で倒れたんです。職員室で大胆にバターっと。近くの医院で点滴1本2時間で回復完了!若かったからね。しかし、ここも6年余りで辞めました。明確な理由はあるのですが恥はさらしたくないので割愛します。ただし、事件や事故・お色気など恥ずべき内容でないことは明言しておきますw。

 

(本題)運転が上手いんですね!

さて、この記事のタイトル『自動車の運転が上手いんですね』につて語らせてもらいます。自動車学校(都会では教習所ということが多い)を退職し、運転を教えるという職業から足を洗って何年も経過してからのことです。

20代の女性とご縁(なにもやばくない関係です)したときの会話で、「むかし指導員やってたんよ」と伝えた瞬間に『じゃぁ運転が上手いんですね』と言ってくれました。愛想いい返しに私も返しました・・・

『運転を教えていたけど、運転が上手いとは違うよ』

ここで「はぁ、何言っとん、教えとったんやろ」「ほんなら、運転が上手くなきゃいかんでしょうよ」と お怒りぎみの言葉を食らいそうですね。それで、その方にはこう説明をさせて頂きました。

世間様からすると、確かに運転が上手いように見えるでしょうね。指導員だと分かって見ているとそう見えたり、逆に見られているのを意識して運転していると素の自分じゃない自分が運転しているようなものなんですよ。

普段から「何が危険なのか?」「どこに危険が潜んでいるか?」「どういう予測が必要なのか?」なんて教えているとね、運転が上手いというより「事故をしない」「事故に縁遠い」人っていう感じかな。言葉は不正確ですが、このようなことをお話させてもらった。皆さんもご存じのように『運転には性格がでる』ものですよね。いくら運転を教えているとは言え無事故で一生を終えるって100%言い切れませんよ。

 

事故多発者の存在(1)

検索してこの記事に巡り会えた幸運?な方も、そして私も含めて言えることがあります。それは20:80の法則です。現在の私の職業はプロドライバーです。と言ってもレースカーを運転してはいません。皆さんが街中でよく見かけるクルマの運転をしています。分かりやすく例えで説明します。

運転手100人の職場で年間に100件の事故があったとします。人身も物損も含めた数です。この年間100件の事故は、運転手20人によって引き起こされているのです。現実にそうなんです。事故を起こす運転手は、事故の大きさに関わらす「しょっちゅう」やらかしています。残りの20件は、運転手80人によるものですが、全く事故を起こさない人もいますからね。1度事故を起こしてもそれを教訓(学習)として、事故をしない事故から遠ざかっている人もいます。要は、事故をよくする人は限られた方なんです。その限られた方が事故件数を稼いでいるのです。実際に私の勤務先でも数値がそうなっており間違いありません。

 

80:20の法則の例!

職業を変えてみましょう。物販販売というジャンルで例えてみます。鉄鋼・電子機器・食品の何でもいいので『営業』という職種です。

その会社の年間の売り上げが1億円で営業が10人だとします。もうお察しがつきますよね。年間売り上げの80%の8千万円は、2人の営業マンによるものです。残りの8人の営業マン全員で年間2千万円の売り上げなんですね。

あくまで例えですし「うちは違うぞ」とおっしゃるかも知れませんが、この手のデータというかハウツー本は山ほど出版されていますね。「はい受け売りです」

 

事故多発者の存在(2)

f:id:daigoro3388:20190704183445g:plain

Aさん「やっちまったよ」「右から来たのとやっちまったよ」

Aさんの知人「どしたん止まらんかったん?」

Aさん「ほうよ、うっかりしとったわ」「いつもは止まっとるよ」

このAさんどうなの?通勤途中のAさんの1時間を空から眺めてみたら答えは出ます。至る所でそれなりの運転をしておられます。ここも通勤で毎日通行されているのですが、たまたま右から来たBさんがいて事故と相成りました。事故は相手のいることが殆どですが、このBさんが来なかったら事故は発生していません。でもBさんに限らずCさんだってDさんだっているのです。相手はたまたまでもご自身はいつでもいらっしゃいの体制なんですよ。事故予備軍とでも申しましょうか、Bさんの立場での防御策としては、「かも知れない運転ですね」信号のない交差点での事故は、例え相手がノンストップで飛び出してきても、こちらが過失ゼロにはならないですもん。

 

煽られ予備軍の多いこと!

私は現役のプロドライバーです。ですから当然、一般のドライバーよりも運転している時間が長いのです。世の中は、特にメディアは煽った方ばかりを取りざたしています。幅寄せしただの、車間距離を詰めただの、前に出て進路を塞ぎ、挙げ句には停めて降りてきて云々とか、まぁガラの悪そうな人が主役扱いで報道されています。100歩譲ってニュース番組ならまだしも、朝のお昼の番組なんかどうなってんの?何故煽られたのかを報道というか番組のネタにして欲しいのです。

以前、ニュースでも流れたしYouTubeでも投稿されていたので参考までに、一言申し上げます。

路地から飛び出して来た車に(ビックリしてか)警音器を鳴らしたんですね。飛び出しって、何と腹立たしいことでしょう!でも鳴らさないのです。相手はコッチの存在を知ってか知らずしてか飛び出したのは事実ですが、長い警音器は怒りの警音器になるんです。バッキャロー!になるんです。事故にはならなかったんですからね。短い警音器は注意喚起!長い警音器は怒りの警音器!がまんがまんのココロです。

長く運転をしていますと『どうなってんのコイツ』『ええかげんにして欲しいわ』という走りをしているドライバーの何と多いこと!たまたま煽る威勢のいい気の短いドライバーに出くわさなかったから何事もなく済んだということですよ。

世のドライバーの殆どは、煽られても仕方ないような運転のクルマに出くわしても我慢しているんですね。私なんか何度思ったかも知れません。

◆国道2号線(片側2車線)で延々と右車線を走る車!この先を右折するかと様子見でついて行ったら2km以上走りましたね。しかも速度が50キロそこそこでやんねん。左車線なら40で走ろうが30出入ろうが文句言いませんよ。『左を走らんかい!』『お願い、煽る人来てちょーだい』『あのクルマを煽ってよ』これは、現実的ではありませんし、そんな応援を呼ぶなんで空想です。こちら側の心理です。

◆片側1車線(センターライン黄色)制限速度40kmの道を、40キロそこそこで延々と走り続ける車!『おいおい後ろ見てみろよ』『何台おる思うてんねん』これも多いね。『どっかで譲れーよ』『広いところあるじゃねーか』まっ、後続に気を使わないドライバーの多いこと。そんなドライバーに言っても無駄だと思います。『ここ(制限速度)40kmでしょ!40で走って何が悪いの』って返されますから、きっと。

そんな私は、仕事中とかドライブ旅行とかで後方にピタッと車がついたら譲りますよ。だって、自分のペースで走りたいから。

文中激しい表現のカ所がありますが、心で思うだけで煽るとかの行動はしていません。我慢しています!

 

現役の教習指導員の皆様へ!

 新しく免許を取得される、特に若い教習生さんに『思いやり運転』なんてーのじゃなく、いやそれも良いのですが、『何が悪い』『何が迷惑』を日頃からアドバイスしてあげてくださいね。また教習所として単位外になろうかと思いますが1時限設けて欲しいものです。「道路交通の現状と対策」という講義名!イイネ!おそらく実施されている所もあると思います。感謝です!私。指導員OBです。

 長い文章になりましたが、この辺でお開きにします。ご訪問ありがとうございました。

 

<以下追伸>

3年経過しました!今度は5年です!

f:id:daigoro3388:20190704204417g:plain

おめでとう!オメデトウ!やったー!

本日免許更新でゴールドゲットでーす。

「なにーっ!、さっきから偉そうな御託を並べてる癖に!」

と声高らかにお叱りを受けそうですね。本日、青から金へ変更です。 

 

おわりに!今回の記事は、一般論として捉えてくださると有り難いです。